かわいいデザインがたくさんあるネイルチップ、実際の使いやすさは?



かわいいネイルしてみたいけど、普段は仕事でできない。

いつもは家事に追われていて、ネイルしている余裕がない。

ネイルチップならかわいいデザインが簡単にできるかな。

ネイルしたいけど、事情があってできないという事ありませんか。

初めてネイルチップをしてみたので、実際の様子と感想をお伝えします。

最初にお詫びいたしますが、とても不器用適当面倒くさがりな性格ですm(__)m

ネイルチップ、付け爪とも言われていますが、以前から気になっていました。

実際に試してみて、いろいろわかったことが沢山あります。

普段ネイルできない方が、1〜2日ネイルするなら便利です。

日ごろからネイルを楽しんでいる方なら、あんまり必要ないかもです。

手軽にネイルチップの着せ替えができる

ネイルチップはかわいい柄がたくさんあるので、見ているだけでも楽しいです。

普段ネイルをしていない方が、数日間だけネイルを楽しむのに便利だと思いました。

私は爪のカーブと合わずに浮いてしまったので、髪の毛が引っかかったり、ちょっとしたことで引っ掛けてしまうのが気になって、3日で外してしまいました。

ネイルチップの使い方のコツ

  • ネイルチップから自爪がはみ出ないように、短くしておく。
  • 爪表面の油分を、専用の除去剤や消毒用エタノールで拭き取ります。

ネイルチップは爪の幅ちょうどに合わせると、巨大な爪に見えてしまいます。

きれいに見せるには、少し小さめのサイズを選んた方がスッキリした見た目になります。

ネイルチップを貼った実際の様子がこちらです

不器用で面倒くさがりなので微調整もなく自爪に乗せました。

私のやり方はあまり参考にならないかも知れません。

こうならないように、という意味をこめて写真を載せます。

ネイルチップのサイズ合わせがむずかしい

お分かりになりますか?

私は自爪が縦長なので、長さが足りませんでした(笑)

きっと本来は長さで合わせて、横幅を削る調整が必要でした。

最初から長さのあるチップも売られていますので、自爪が長い方はそちらを選んでみてください。

ネイルチップがカーブに合っていないとこうなる

カーブが合っていないので、チップが浮きまくっています。

お米を研いでいると爪のスキマに、お米が入ってしまいそうでした。

実際はお米よりも、髪の毛がよくひっかりました。

私の爪はカーブがきついので、チップをお湯やドライヤーで温めて形を整えてから使うべきでした。

逆にカーブが平らな方も、使う前に自分のカーブに合わせてからの方がきれいに仕上がります。

ネイルチップは普段ネイルができない人におすすめ

普段はネイルできない方が、数日間だけかわいいネイルをするのに便利です。

自分でマニキュアやジェルネイルをすることもありますが、ネイルアートやかわいいデザインはなかなか大変です。

その日の気分によってネイルを変えたい時にも便利です。

すぐに割れてしまったり、爪の長さが出せない方にもいいと思います。

今回使ってみたネイルチップ

DASHING DIVAのMAGIC PRESSというチップです。

他にもたくさんのかわいいデザインがあって、見てるだけでも楽しいです。

次はもっと上手くなって、きれいなネイルにしたいです。

ネイルチップの他にも、ネイルシールもあります。

ネイルシールも、貼るだけで簡単に素敵なネイルにすることができます。

以前フットにネイルシールを使ってみたことがあるので、そちらも参考にしてみてください。

ネイルが素敵だと自分の気分が良くなって、周りの人にも優しく接することができます。

ネイルサロンに行かなくても、簡単に素敵なネイルができますのでぜひ試してみてください。

公式サイト DASHING DIVA

普段Amazonを使っている方は、AmazonにもDASHING DIVAの公式ページがあります。

プライム会員は送料無料です。

Amazon公式ページ DASHING DIVA



シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA