お風呂上がりが簡単になるタオル。ずぼらにおすすめ

towel thumb



お風呂に入るのは好きなんですけど、どうも入る前までがなかなか腰が上がらないことありませんか。

ずぼらでアラフォーが考えたところによると、一連の流れが面倒くさいと思う時があって、それが腰をあげなくさせる原因ではないかと思いました。

私の場合

①トイレに行ったり、着替えを用意したりお風呂に入る準備をする。
②髪の毛から体までひと通り洗う【15分】
③湯船につかる【15分】 (省略可)
④お風呂から上がる。床や壁などひと通りシャワーで流す
⑤シートパックをする。【15分】クリームを塗ったり、YouTubeを見て過ごす
⑥髪の毛を乾かす【15分】

ざっと1時間はかかっていました。

入ってしまえばいいんですが、入る前がどうしてもグダグダ、ごろごろしてしまいます。

タオルを見直した

湯船につかることは、体が温まって血行がよくなって体にいいんですけど、時間のない時などは省略しても大丈夫なので時間を省略することは解決できるんですが、あと他にどこか見直せるところは無いかと考えて見ました。

以前テレビで見たことがあるんですが、今回タオルを変えてみました。

テレビで何をやっていたかというと、水をグングン吸い込むタオルなんです。体を拭く時はさっと一度拭くだけで水分を取り去ってくれるんですが、このタオルが便利なところは髪の毛を拭くときだと私は感じています。

エアーかおる (浅野撚糸)

浅野撚糸という会社の商品なんですが、このエアーかおるは織ってある糸がすごいんですよね。独自に開発した糸を使っていて、通常の50%も給水率が高いんです。

このタオルが触れているところはどんどん水を吸っていってくれて、髪の毛を拭くとわかりやすかったです。私は髪の毛が長いんですが、髪の毛を洗ったあとエアーかおるで拭くといつもよりも早く乾きます。その分タオルがとても濡れていて、よく水分を吸ったことがわかります。

髪の毛の短い方や男性だったら、エアーかおるで拭くだけで乾いてしまうと思います。

通常の大きさのバスタオルの半分の幅の物でじゅうぶん給水してくれます。

体を拭くにもあっという間に拭き取ってくれるので、肌への負担が少なくアトピーや敏感肌の方にもおすすめできます。

他にも通常と同じくらいの幅の大判もありますし、ハンドタオル、フェイスタオルのサイズの物もあります。

しかもふわふわの手触りで、10年は使えるそう。

ぜひ使ってみて実感してみてください

エアーかおるは東急ハンズや



シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA